サラダno気持ち

普段思っている事をさりげなく&相棒サスケとの気持ちも..

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化

2014/07/01 05:58 ジャンル: Category:
TB(-) | CM(4) Edit





雨の朝..

4日の命を終えて散った花弁が葉の上に...







1-P6280095.jpg




散ってもなお美しいその姿...

これも蓮の魅力かな?と^^



....うん?


良く見ると下の一部が欠けて(抉れて)いますね...





先日ここで行われたデジカメ講座(蓮を撮る)の講師(前野勝美さん..プロカメラマン)が仰っていましたが

数年前までは見かけなかったのが昨年・今年と多くなっているような.....と










1-P6260047 (2)



形態の変化(異常?)....


原因はさてとして雄蕊(おしべ)の花弁化現象が良く知られているところです

雄蕊が花弁に変化するのですね


このミセス・スローカムでは蜂の右側に見える雄蕊が花弁になっています^^




その最たる例が千弁蓮(せんべんれん)だと...

雄蕊を始め雌蕊(種の部分<果托>)も全てが花弁化してしまう特殊な蓮で

花弁の数は2000~3500枚にもなるのですよ♪


今はまだ咲いていませんが園内にありますので咲きましたらご紹介させていただきますね^^









1-P6290009.jpg




1-P6290011.jpg




1-P6300003.jpg




1-P6300005.jpg




花弁の一部が欠ける現象...

どのくらいあるのかと池を見て周りましたら



.....結構な数で見つけました




そしてその殆どが外側の花弁です



この写真はどれも行田蓮ですが他の蓮はどうかなと思い

世界の蓮花(39種類)を見て周りましたが今回見る限りではその現象を見つけられませんでした



行田蓮特有の現象なのかどうかこれからもう少し見てみないと分かりませんが興味が沸くところです^^









1-P6300009.jpg




こちらは変化ではないのですが




行田蓮とアメリカ原産のキバナ蓮を交配させて生まれた甲斐姫(かいひめ)と言う品種が

行田蓮の池(水生植物園)の隣に設置されています

その境は鉄板を打ち込んでお互いが混ざらないようにしているのですが....



その境から5~6mの行田蓮の池に甲斐姫が今朝確認されました(中央の白っぽい蓮です)


今年の甲斐姫はまだ蕾も小さく(例年よりも遅れているので)そこから根茎が伸びたとは考えられず

おそらく昨年伸びた根茎から生まれた蓮根が花を咲かせたのではないかな?と..



良く見ると行田蓮の蕾に混じって甲斐姫の蕾も2~3個見えますので

根茎はかなり育って伸びている感じです


*ここの公園はそれぞれの品種を分けて管理していますので(複数の品種を同じ池で咲かせる事はないので)
これをどう処理するのでしょうか..
理由・理屈うんぬんではなく蓮花を楽しむと言う意味では
複数の品種が混ざっての池があっても面白いかな?と思うのですがさてさて...^^





縁があって蓮と出会い写真を撮り始めていつのまにか10年以上が経ってしまいました

最初の頃は蓮の事など何も知らずただ感じたままに写真を撮っていたのですが

最近の撮った写真を見るとやたら図鑑的になっているような..


説明の写真がいつの間にか多くなっていて感じて撮った写真が少なくなっていると..




今日は蓮池勤務がお休みなので朝から今まで撮った蓮の写真を整理していたのですが

本当に近年は図鑑的写真のオンパレードでこれは一体何とした事!!!!と...



心を一度リセットしてこれからの蓮の写真にトライしたいと思うところです^^;










カメラ:E-M1
レンズ:色々











スポンサーサイト

おはようございます。
日曜日は、大変お世話になりました。ありがとうござい
ました。花弁のこと、あの時、仰っていたことですね。
甲斐姫の話も興味深いです。またお邪魔しますので、よ
ろしくお願いします。
[ 2014/07/01 07:48 ] [ 編集 ]
nama3さん こんにちは

こちらこそご一緒出来て楽しい時間をありがとうございました^^

行田蓮の花弁の一部欠如..
これからも調べてみたいと思います

今回の甲斐姫の様に隣の池に違う種類が混じってしまう事は
世界の蓮池でも良くある事なのですね
世界の蓮池は隣同士の壁面に水を流す穴が空いていますので
そこから根茎が隣のプールに伸びてしまうのです

今年もアメリカ白蓮がお隣のアメリカ黄蓮の池で咲いていました
作業員さんたちは大忙しのこの季節です^^;

[ 2014/07/01 15:12 ] [ 編集 ]
お久しぶりです(^_-)☆
7月になって今年初めての蓮池でした。。。
残念ながらお会いできませんでしたが、久しぶりに顔馴染みさんたちとおしゃべりしてきました。
甲斐姫は気づきませんでした・・・。
今度出かけたら、確認してみます。
[ 2014/07/02 04:50 ] [ 編集 ]
Fineさん こんにちは

今年も蓮の季節がやって来ましたね♪

今年は行田蓮の生育が近年に無いほど素晴らしく
花を楽しむ方々にとっては嬉しい年になりました^^

Fineさんが好きな水鳥の池は例年ですと水面がかなり残っているのですが
今年に限って略水面を埋め尽くしてしまうほどの浮き葉と立ち葉そして蕾です
唯一・島の裏側に水面が残っていますので
朝焼けの映り込みは此処が狙い目かも知れませんね^^

甲斐姫..
そうなのです...混ざらぬようにしていたのですが
自然の力は凄いものですね
甲斐姫のプールにある蓮はまだ蕾が小さいので
今年の種蓮根から伸びたものとは考え難く
多分昨年に何処からか甲斐姫のプールを越えて
行田蓮の池に潜り込んだ地下茎が種蓮根を作り
それが成長して花を咲かせたものだと思います

最初に見つけた甲斐姫は作業員が取り除いた様ですが
今朝もまた違う場所で一日目の甲斐姫を見つけました!
良く見ると甲斐姫の蕾も確認しただけで5~6本はある様で
水中でも5~6mの範囲で根茎が伸びている様です^^;

鑑賞したり写真を撮ったりする方々には
違う品種が楽しめて好評なのかも知れませんが
公園を管理する側にしてみればテンヤワンヤの状態ですね..笑
[ 2014/07/02 15:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

R150

Author:R150
管理人:ピーマン

ベジタリアンです^^



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。