サラダno気持ち

普段思っている事をさりげなく&相棒サスケとの気持ちも..

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩船大祭....その1

2014/10/24 08:48 ジャンル: Category:
TB(-) | CM(4) Edit





干し柿作りが終わった翌日に岩船大祭へ出掛けました


村上市には村上大祭・瀬波祭り・岩船大祭と三つのお祭りがあり

その年の最後を飾るのがこの岩船大祭です


以前は旧暦の9月19日に行われていたそうですが

それですと秋の収穫真っ最中で祭りどころでは無いとの事で

10月19日(本祭り)に行われる様になりました



村上大祭には多くの観光客が訪れるのですが

この岩船大祭は地元の為の祭りと言った色が濃く

観光客はあまり来ていないようでした










1-PA190205.jpg


おしゃぎり(山車)は全部で9基....

それぞれ違った美しい姿を見せてくれます










1-PA190083.jpg





1-PA190213.jpg


おしゃぎりを曳くのは若連中と言われる中学3年生から厄年(42歳)までの男たちですが

近年では町の人たちが少なくなって来ている関係で女性も曳きますし

引退も42歳では無く45歳にしている町内が多いとの事でした











1-PA190151.jpg






1-PA190147.jpg


おしゃぎりに乗るのは小学生から中学2年生までの子供たちと

笛や鼓を演奏する者と二階に上がりおしゃぎりがぶつからない様に誘導する大人たち...

ここも以前は男だけでしたが今では女の子たちも...^^


鳴り物は笛・鼓の他に太鼓・大太鼓があるのですがこれらは子供たちの役割なのです

お囃子をリードするのは笛で笛を吹く者は紋付を着て奏さなければならないくらいに

位の高い立場にあるのだそうです








1-PA190139.jpg


夜になると提灯に明りが灯り

昼とは全く違ったおしゃぎりの世界が展開します

クライマックスは夜の12時l頃におしゃぎり二基の上に乗っている舟と馬の飾りを降ろし

それを担いで町を鎮守する岩船神社に納めます

その二基以外の7基はそれぞれの町内に戻り朝まで祭りの余韻を楽しむのだそうです


この写真は昨年のもので今年は夕方からどうしても新潟市に戻らなければならず

夜のおしゃぎりを見る事が出来ませんでした...残念~






縁があって岩船大祭を以前より近くに感じた今回ですが

もう少しこの祭りをご紹介させて頂きたいと思います(続きは明日に^^)










カメラ:E-M1
レンズ:12-40mm 150mm 75mm









スポンサーサイト

この山車は、凄いです。この装飾は芸術の域だと
思います。今年3月、村上に行きましたが、あの
メインストリートに繰り出されるのでしょうか。
9基もあると見応えがあるでしょうね。歴史のある
城下町にふさわしい祭りですね。
[ 2014/10/24 14:03 ] [ 編集 ]
岩舟大祭♪
おしゃぎり・・・の素晴らしい事!
9基の練りだしは圧巻でしょうね。

観光客少なく・・・
地元の人たちの為のお祭りとは贅沢! で
少~しだけ もったいなさも感じたり致しますが・・・
みんなが愉しみ 祝う意味からは大歓迎ですね!

引き継ぐ若者が しっかり後に続いてくれます様に
心から願うばかりです☆

お祭りの笛の音を聞くと
私は父を想い出します・・・♪

つづき 楽しみに(*^_^*)




[ 2014/10/24 14:25 ] [ 編集 ]
nama3さん こんにちは

私の書き方が悪かった様で今は村上市に併合されている岩船ですが
以前は岩船町でした
村上駅からですと車で15分位の猟師町になります

なのでおしゃぎりもその岩船地域限定なので
村上の人は全くノータッチです^^

村上のおしゃぎりより規模は小さめですが
その細工は本当に素晴らしいもので惚れ惚れするものばかりですね^^

今度機会がありましたらご案内致しますよ^^
[ 2014/10/24 15:15 ] [ 編集 ]
オードリーさん こんにちは

3時のティータイムにこうして返信しています^^

岩船大祭..
他の祭りもそうかも知れませんが
盆正月は帰って来なくても岩船祭りだけには..とばかりに
外へ出た人達が皆帰って来る時なのです

小学校へ上がるとおしゃぎりの「乗り子」として参加し始め
中学から厄年(42歳)までは若連中として祭りを作り
その後は警護役としておしゃぎりと一緒に町を練り歩くのですね

ですから町中が縦割り社会で子供は大人を見習い
大人は子供の手本になる様に努める..
この構図が毎年10月18日(宵祭り)19日(本祭り)と繰り返されるので
町中のお互いが知らない人はいないのです

隣の人が誰なのか全く知らない..と言った都会の生活では
考えられないほどの繋がりがあっての岩船大祭なのですね^^

笛の音でお父様を..
分かる気がします^^
[ 2014/10/24 15:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

R150

Author:R150
管理人:ピーマン

ベジタリアンです^^



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。